フィリピン

【全部無料】フィリピン留学するならダウンロードしておくべきアプリ6選!

こんにちは、@tatsuyaです。

これまでフィリピンで2度の語学留学、そして1ヶ月間の旅行をしてきました。

この経験から、フィリピン留学において役立つアプリを皆さんに紹介したいと思います!

フィリピン留学を控えている方、またもうすでにフィリピンにいる方も是非参考にしてみてください。

 

1.Grab

Grabとは、簡単に言えばタクシー配車アプリです。

自分の現在位置と目的地を打ち込むと、タクシーが迎えに来てくれ目的地まで送ってくれます。

メリットはたくさんあるのですが、最大の長所は「ぼったくられることが100%ない」というところですね。

観光客や留学生はよくドライバーからのぼったくりを受けるので、入れておくべきアプリです。

↓絶対にGrabを使うべき理由を下の記事に書いたので詳しくはこちらをどうぞ。↓

【フィリピン留学必須アプリ】タクシーよりもGrabを使うべきメリットとはこんにちは、@tatsuyaです。 フィリピン1ヶ月生活ももうすぐ終わりを迎えますが、今思えば観光そっちのけでほぼ毎日カフェで作業して...
Grab - Ride Hailing App

Grab – Ride Hailing App

Grab.com無料posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク

 

2.YouTube

「なぜYouTube?」と思う方もいるかもしれませんが、フィリピンではYouTubeの動画をオフラインに保存することができます!

これは日本だと使えない機能ですね〜。

実際いくつかの国で使えるらしいので、気になる方はこちらから確認できます。

フィリピンのWi-Fiはかなり遅いので、WiFiを見つけたらとりあえずオフラインに保存しておくといいですよ!

まあこの保存する速度も遅いのですが・・・。保存ボタンを押して放置しとけばオッケーです。

 

YouTubeをオフラインに保存する方法

必要条件は、

  • YouTubeのアカウントを持っていること
  • モバイル端末であること

これだけです。アカウントは無料で開設できます。

Googleのアカウントがあればそのまま使えるので簡単ですね。

1.動画のサムネイルの右下の丸3つをタップ

2.「オフラインに保存」を選択

あとはダウンロードされるのを待ちましょう。

ダウンロードがあまりにも遅ければ、「アカウント」→「設定」から画質を低めに設定すると解決します。

 

YouTube

YouTube

Google, Inc.無料posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク

 

3.Googleマップ

こちらもWiFiのある環境で事前に保存しておくことで、オフラインでも使用できます

これはあまり知られていない機能ですが、すごく役立ちます!

一度保存しておけば、オフラインでも現在位置が表示されるようになるのです。

語学学校にいた頃はSIMカードを買わなかったので、オフラインでも使えるこの地図がすごい便利でした。

 

オフラインマップを保存する方法

保存するにはインターネットの接続が必要になります。

現地のSIMカードを入れていない方はWiFiがあるところで行ってください。

1.「 Googleマップ」アプリを起動し左上をタップ

2.メニューが出てくるので「オフラインマップ」を選択

3.「自分の地図」を選択

4.保存したい範囲を選んで「ダウンロード」

これでオフラインでも地図が使えるようになります!

一度保存すれば30日間使えるので、出かける前は用意しておきましょう。

Google マップ - GPS ナビ

Google マップ – GPS ナビ

Google, Inc.無料posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク

 

4.家計簿アプリ

フィリピン留学では、お金の管理をしておくことがすごく重要です。

どういうことかというと、フィリピンでは物価が安いのでついついお金を使い過ぎてしまうのです…。

留学の序盤でお金を使い過ぎてしまい、後半ほぼ遊びにいけなくなった生徒をたくさん見てきました。

そうならないためにも、何にお金を使ったかをしっかり記録しておきましょう。

 

僕は「毎日家計簿」を使ってますが、無料でたくさんあるので良さそうなものを使ってください!

「毎日家計簿」のアンドロイド版がなかったので、違うアプリが表示されます。

家計簿 毎日家計簿 - 人気家計簿アプリ

家計簿 毎日家計簿 – 人気家計簿アプリ

Jack Xuan無料posted withアプリーチ

 

5.オフラインで使える辞書アプリ

英語学習には辞書が欠かせないほど重要なので、入れておくことをお勧めします。

なぜオフラインがいいのかというと、まずフィリピンでは総じてWiFiが弱いです。

ちょっと調べるのにもものすごく時間がかかることがあるので、ストレスになります。

 

また、学校によっては自習室や教室にWiFiがなかったりしますので、オフライン辞書はすごく使えるのです。

電子辞書があれば良いですが、ない人は是非これをダウンロードしておきましょう!

英語日本語辞書&翻訳 - Dict Box

英語日本語辞書&翻訳 – Dict Box

Xung Le無料posted withアプリーチ

 

6.Tinder

英語にある程度慣れてきたら、現地の友達がほしいところ。

そんな時には出会い系アプリTinderがすごくおすすめです。

中にはお金目当てやビジネス目的の人もいるのですが、普通の人が大半なので友達探しにはとても使えます!

 

短期の滞在ならTinderに課金すべき!

短期間ならなおさら課金しましょう!

僕はまだ完全にこのアプリを使いこなせてないのですが、課金する価値のある機能を3つ紹介したいと思います。

  1. Likeの回数無制限
  2. 誰がLikeしてきたか確認できる
  3. 現在位置を変えられるので日本にいる間に現地の友達を作れる

他にもありますが、この3つが特にすごいのでこれだけ取り上げました。

 

1.Likeの回数が無制限になる

まず無料会員は1日に送れるLikeの数が決まってますが、これが無制限になります

めちゃくちゃいい人を見つけたのに、次の日まで待たないといけないのはすごくもどかしいです。

回数を気にせずLikeを送りたい方にはとてもおすすめ。

 

2.誰がLikeしてきたか確認できる

この機能がめちゃくちゃいいです…!

Tinderではお互いLikeを送り合わないとトークすらできないようになってます。

しかし無料会員では誰がLikeしてきたか分からないので、相手がLikeしてきても気づけません

せっかくLikeを送ってくれた人がいても気づくことすらできないので、すごく勿体無いですよね。

Tinder Goldにすると、こんなふうに通知がきてさらにアプリ内で確認できます。

この機能ためだけでも十分課金する価値があります。

 

3.現在位置を変えられるので日本にいる間に友達を作れる

この機能のおかげで、留学前から友達を作っておくことが可能です!

着いてからは勉強でなかなか忙しくなると思うので、行く前から友達が作れるのは大きいですね。

 

とりあえず無料で使ってみよう

最初のうちは無料で使ってみて、これらの機能が欲しいなーと思ったら課金してみてください!

課金プランは2種類ありますが、2の「誰がLikeしたか分かる機能」はTinder Goldのみです。

Tinder Goldは今のところ1ヶ月で1700円となってますので、課金してさっさと友達を作って無料に戻すのがいいでしょう。

Tinder

Tinder

Tinder Inc.無料posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク

 

まとめ

1.タクシーアプリならGrab

Grab - Ride Hailing App

Grab – Ride Hailing App

Grab.com無料posted withアプリーチ

 

2.オフラインで動画が観れるYouTube

YouTube

YouTube

Google, Inc.無料posted withアプリーチ

 

3.オフラインで使えるGoogleマップ

Google マップ - GPS ナビ

Google マップ – GPS ナビ

Google, Inc.無料posted withアプリーチ

 

4.無駄遣いを防ぐための家計簿

家計簿 毎日家計簿 - 人気家計簿アプリ

家計簿 毎日家計簿 – 人気家計簿アプリ

Jack Xuan無料posted withアプリーチ

 

5.オフラインで使える辞書

英語日本語辞書&翻訳 - Dict Box

英語日本語辞書&翻訳 – Dict Box

Xung Le無料posted withアプリーチ

 

6.友達作りにベストなTinder

Tinder

Tinder

Tinder Inc.無料posted withアプリーチ

 

これらがあれば快適にフィリピン留学生活をおくれるはずです。

課金しなければどれも無料でダウンロードできるので、留学前に是非入れておいてください!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ABOUT ME
tatsuya
日本の大学を中退→アメリカのコミカレを中退→独学でスキルを身につけフリーランスWEBエンジニアとして活動中。自身の経験に基づいた英語学習法・海外旅行・デザインを中心に発信しています。