音楽

【遮音性抜群】3年以上愛用しているイヤホン”SHURE SE215″を紹介!【耳コピにも最適】

こんにちは、@tatsuyaです。

「ちょっと良いイヤホンが欲しいなー」と思ったことのある人はいませんか?

僕は安いイヤホンを買って壊れたら買いなおすタイプの人間でしたが、あるイヤホンをきっかけに「ちょっと良いものを一個買って大事に使おう」という考えに変わりました。

今回はそんなちょっと良いイヤホン「SHURE SE215」の紹介をしていきますので見ていってください。

人生で買ってよかったものトップ10に入るぐらいお気に入りで、かれこれ3年ほど毎日使ってます。

 

SHUREの中で超定番のイヤホン「SHURE SE215」の基本情報

このSE215はSHUREのイヤホンの中でもダントツ人気で、値段もお手頃なので入門編として選ばれているようですね。

あまり詳しい説明はここでは省きますが、

  • イヤホンの形状:カナル型
  • 音の仕組み:ダイナミック型

とりあえずこれさえ知っておけばいいですかね。

カナル型とは?

耳栓型とも呼ばれていて、耳穴に押し込むようにして入れるタイプ。

遮音性が高く音漏れが少ないのが特徴。

 

ダイナミック型とは?

イヤホンの心臓部”ドライバーユニット”の種類の一つ。

広い音域をカバーできて、低音域が強めなのが特徴。

 

これ以上の情報はぜひAmazonや楽天の商品ページからチェックしてみてください。

SHUREでこれより良いのだと2万とか5万とかになってくるので、「ちょっと良いイヤホン」がほしい人にはちょうどいいですね。

スポンサーリンク

 

実際にSHURE SE215を使ってみた感想

めちゃくちゃいいです。

イヤホンを買い換えるたびにいろんな種類のものを試してましたが、とうとうこれにとどまりました。

1万ちょっとしますが、これを使うともう2000円とかのイヤホンには戻れなくなりますほんとに…。

そして「これ以上どこを良くするの?」って感じなのでこれ以上いいやつを欲しくなることもなさそうですね。

1回無くしたけど速攻で同じものを買いなおすぐらい気に入ってるので、多分一生これを使っていくと思います。

2回同じものを買ったためケースだけ2個持ってます。

特に毎日音楽聴く&ギターの耳コピをする僕にとっては手放せないイヤホンですね。

中・高音域が細部まで聴こえるので、ギターの耳コピをするときはほとんどこれを使っています。

普段2000円やらiPhone付属のイヤホンをずっと使ってる人は、一度使ってみると驚くほど違いがわかりますよ。

実際僕が初めて安物のイヤホンからこれに乗り換えたときは「こんな音鳴ってたんだ…」と新しい発見がたくさんありました。

スポンサーリンク

 

SHURE SE215のメリット

SHURE SE215のメリットはこんなものが挙げられます。

  1. 遮音性が抜群
  2. 音漏れが全くない
  3. 中・高音域の音が綺麗

これらを順に説明していきますね。

 

SHURE SE215のメリット1. 遮音性が抜群

SHURE SE215の一番の特徴は、なんといってもその遮音性の高さですね。

というか高すぎてむしろちょっと危ないんじゃないかってぐらい何も聞こえません(笑)

電車や飛行機の中で音楽を聴いても、隅々までの音を聞き取ることができます。

電車のアナウンスも他人の声も全く聞こえません。

電車に乗ってる時やカフェで集中したい時なんかにはものすごく重宝します。

 

「SHURE掛け」と呼ばれるイヤホンの付け方でさらに遮音性アップ!

SHURE製のイヤホンは「SHURE(シュア)掛け」というイヤホンの付け方が推奨されています。

普通のイヤホンならそのまま耳に差し込むだけですが、SHURE掛けは一度コードをぐるっと耳に掛けてから耳に差し込みます。

これによって、

  • 密閉性があがるため遮音性が高まる
  • コードが耳にかかっているため外れにくくなる
  • タッチノイズ(服などに擦れると出る雑音)が減る

というさらなるメリットがあります。

 

SHURE SE215のメリット2. 音漏れが全くない

カナル型イヤホンなのでもともと音漏れしにくいのが特徴ですが、SHURE SE215を使っていて音漏れを指摘されたことは一度もありません。

というのも、遮音性が高いおかげでそもそも音量をそんなに上げなくてもよく聞こえるんですよね。

うるさい電車内ならもちろん、静かな場所でも小さい音量でもはっきり聴こえるため音漏れの心配が全くありません。

 

SHURE SE215のメリット3. 中・高音域の音が綺麗

「中音域と高音域ってどこやねん」って思いますよね。

かなり大雑把に言うと、

  • 中音域・・・ボーカルの声の高さらへん
  • 高音域・・・ギターなどの弦楽器の高さらへん

といった感じです。

この辺りの音が特に綺麗に聴こえるので、声を聴きたい人・ギターを聴きたい人にはかなりオススメですね。

重低音はそれほど強調されてないですが、イヤホンをグーッと強めに耳に押し込むと少し低音が聴きやすくなるのでかなりバランスのとれたイヤホンだと思います。

スポンサーリンク

 

SHURE SE215のデメリット

デメリットは特にないのですが、強いて言うならこの二つですかね…。

  • 遮音性が高すぎて逆に危ない
  • 長時間つけてると耳が痛くなる人もいる

まずは遮音性が高すぎるせいで外で使うと結構危ないこと。

耳につけた時点ですでに耳栓ぐらいの遮音性があるため、音楽まで聞くと車や自転車にも気付けないほどになります。

なので、車や自転車の多いところではあまり使わないほうがいいかもしれません。

 

あとは最初のうちはSHURE掛けに慣れず耳が痛くなる人もいるそうです。

僕は長い間使ってきてるのでさすがに何も感じませんが、最初の頃はたしかに長時間つけてると疲れたり痛くなったりしてましたね。

 

約3年ほどSHURE SE215を使ってきましたが、思いつくデメリットはこれくらいでした。

 

こんな人にはSHURE SE215がオススメ!

  • 毎日電車で通勤・通学している人
  • 毎日音楽を聴くぐらい音楽が好きな人
  • ギターやベースなど楽器をやっている人(耳コピに超いい)
  • カフェなど騒がしいところでも集中して作業したい人

これらのうち一つでも当てはまる人にはぜひオススメしたいですねー。

ちなみに僕は電車以外全部当てはまってます。

 

毎日電車で通勤・通学している人にオススメする理由

電車内で音楽を聴くときって、つい音漏れを気にしてしまいますよね。

安っぽいイヤホンだと電車の騒音で音が聞こえない→音量上げる→音漏れするという悪循環に陥ります。

しかしこのイヤホンだと装着した時点で周囲の騒音がほぼ消え、その状態で音楽を聴けるので音がはっきり聴こえる&音漏れの心配が全くありません!

電車の騒音を気にせず好きな音楽を聴けるので、電車内の通勤通学時間がすごく楽しくなります。

サラリーマンの方や学生さんなんかに特におすすめですね。

 

毎日音楽を聴く人にオススメする理由

「イヤホンを変えると世界が変わる」とよく聞きますが、割と本当のことだと思ってます。

これは2千円台のイヤホンに慣れていた僕が1万円以上するSHURE SE215に変えたとき初めて実感しました。

なんかもう聞こえてくる音が全然違うんですよね。

これをきっかけに「安いイヤホンを使い回す」から「ちょっと高めのイヤホンを大切に長く使う」に変えました。

毎日聴くほど音楽が好きな人は、このイヤホンに1万円払う価値が十分あります。

 

楽器をやってる人にオススメする理由

楽器をやってる人にもオススメできる理由は二つあります。

まず一つ目は音が隅々まで綺麗に聞き取れること。

これは耳コピに必要不可欠な要素ですね。

そしてもう一つは、高い遮音性のおかげで移動時間も耳コピができることです。

SHURE SE215だと電車内でも外でも関係なく音の細部まで聴こえます。

僕は大学生のとき片道2時間の電車通学をしてましたが、この時間をギターの耳コピにあててました。

 

集中して作業したい人にオススメする理由

このイヤホンを耳につけるだけで周囲の音が一切聞こえなくなるので、カフェなどで作業するときにめちゃくちゃおすすめです。

実際僕は外でパソコンで作業するときには必ず持ち歩いてますね。

これで騒音をシャットアウトしてお気に入りの音楽を聴くと、不思議と一瞬で集中モードに入れます。

スポンサーリンク

 

【結論】安物のイヤホン使ってるならとりあえずSHURE SE215に今すぐ変えるべき!

こんな感じで僕が長いこと愛用しているSHURE SE215の紹介をしてみました。

初めてこのイヤホンで曲を聴いて音の違いに感動してから3年ほど経ちましたが、いまだに現役としてこれで音楽を聴いてます。

特に、

  • 音楽が好きな人
  • 楽器やってる人
  • 安物のイヤホンを使ってる人
  • カフェとかで集中して作業したい人

こんな人にはぜひオススメしたい一品です!

1万円オーバーと決して安くはないですが、これで少しでも世界が変わるなら安いもんですね。

以上、僕が3年以上使用しているイヤホン「SHURE SE215」の紹介でした!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ABOUT ME
tatsuya
日本の大学を中退→アメリカのコミカレを中退→独学でスキルを身につけフリーランスWEBエンジニアとして活動中。自身の経験に基づいた英語学習法・海外旅行・デザインを中心に発信しています。