フィリピン

【WiFiあり】セブ島でノマドや勉強におすすめのお気に入りカフェ4選【穴場スポット】

こんにちは、@tatsuyaです。

今回の記事では、僕が行ったカフェの中でオススメの場所を紹介していきます!

ここで紹介するカフェは主にこんな感じです。

  • アヤラモールから徒歩10~15分
  • WiFiとコンセント付き
  • 穴場スポット中心

10箇所以上のカフェを回りましたが、その中でも特にお気に入りだった4つに絞りました。

勉強やパソコンでの作業にも最適なので、学生さんやノマドワーカーさんはぜひ参考にしてください。

 

セブ島アヤラモール周辺の穴場カフェ4選!

1.Sol Cafe

こちらは僕が一番最初に訪れたSol Cafe。

料理もドリンクもクオリティが高めで、勉強ついでにご飯も食べたい時によく利用しました。

中でもBuldakという料理は行くたびに毎回頼んでたくらい美味しいです。

味はご飯の上にホイコーローを載せたような感じで、けっこう辛いです。

 

語学学校が近くにあるというのもあり、週末の夜になると韓国人の生徒さんがよく集まってるとのこと。

平日の夜は空いてるので行くなら週末は避けたほうがいいかも。

  • 営業時間:9:00-0:00
  • 住所:F.Gochan St, Cebu City

スポンサーリンク

 

2.Bicester Cafe

こちらは僕が今回の滞在で一番よく行ったBicester Cafe。

立地のせいか人が少なめで店内が静か、さらに店員さんがフレンドリーなのですごく居心地がいいです。

ソファ席が曜日関係なくほぼいつも空いているので、広いテーブルで作業できます。

近くにあるTOM N TOMS CAFEが混んでる時は、いつもこっちに避難してました。

 

ひとつ残念なところは、食べ物が全体的に美味しくないところ・・。

それ以外は勉強や作業をするのにとてもオススメです。

  • 営業時間:7:00 – 23:00
  • 住所:Mahogany Place Arcade, Pope John Paul ll Ave, Mabolo, Cebu City

 

スポンサーリンク

 

3.Yolk – Coffee and Breakfast

朝食を頼むなら一番オススメなのがこのYolkカフェ。

欧米やヨーロッパ人に人気で、午前中は結構賑わってますが昼になるとだんだん空いてきます。

土曜と日曜以外は19時に閉まるので、主に朝食&昼か夕方までの作業に向いてますね。

ここも店員さんがものすごくフレンドリーだし、店内のインテリアがおしゃれで居心地が最高に良いです。

  • 営業時間:7:00 – 19:00 (土日は21:00まで)
  • 住所:Tan Kim Building, 80 Tres Borces Padres St, Cebu City

スポンサーリンク

 

4.TOM N TOMS CAFE

最後は韓国系チェーンのTOM N TOMS CAFEです!

ここは食べ物もドリンクも美味しくてめちゃくちゃオススメ

他のカフェと違って、24時間営業というところがいいですね。

店内は2階建てで、午後2時になると2階が解放されます。

椅子やテーブルの種類が豊富で居心地最高です。

 

ただWiFiが2時間しか使えないのと、人気なので混んでることが多いのが難点。

注文するごとにWiFiの紙をもらえるので、長く使いたい人は2時間ごとに何かを頼むといいですね。

 

  • 営業時間:24時間営業
  • 住所:The Greenery 6000, Pope John Paul ll Ave, Lungsod ng Cebu, Lalawigan ng Cebu

スポンサーリンク

 

セブ島でのノマドワークや勉強にはぜひカフェへ

以上、僕が訪れたカフェの中でも特にお気に入りの4つを紹介しました。

今回の滞在先のWiFiが弱すぎるので毎日のようにカフェに行ってましたが、とても快適に作業ができました。

 

セブ島でコーヒーを飲みつつWiFiがある環境で作業したい方は、ぜひ参考にしてください!

  • 平日の夜でディナーも兼ねるならSol Cafe
  • 朝から作業する日はYolk Cafe
  • 静かな場所で作業したいときはBicester Cafe
  • 夜遅くやクオリティの高い場所で作業するならTOM N TOMS CAFE

こんな感じでそれぞれいいところがあるので、是非1つでも訪れてみてください!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ABOUT ME
tatsuya
日本の大学を中退→アメリカのコミカレを中退→独学でスキルを身につけフリーランスWEBエンジニアとして活動中。自身の経験に基づいた英語学習法・海外旅行・デザインを中心に発信しています。