大学生活

【TOEFL86点の英語力はコミカレで通用するのか】1クォーター目を終えて英語に関して思ったこと

無事アメリカのコミカレでの1クォーター目が終わったわけですが、今回は、英語のみに焦点を当てて書いてみようと思います。

TOEFL86点はコミカレで通用する?

タイトルの問いかけに対して、結論から言うと、

結構きつかったです・・・。

正直TOEFL〜点あるから余裕とか、〜点あれば大丈夫とか、そういうレベルの話ではなかったです。

一般的なTOEFL iBTスコアの目安

コミカレ 45 ~ 60点程度
一般的な4年制大学 80点以上
難関大学 100点以上

アメリカの大学入学に必要なTOEFL iBTの点数は、だいたい上のようになっています。

カリフォルニアの有名な大学UCLAは80点以上推奨、ハーバード大学では、学部にもよりますが、だいたい100点以上でした。

それに対して、ほとんどのコミカレは60点以上でカレッジレベルの授業を受けられるようになっています。

留学前の英語力はこれくらいだった!

留学直前の夏休みに受けた、TOEFL iBTの結果です。↓

  • リーディング:26点
  • リスニング:17点
  • スピーキング:18点
  • ライティング:25点

合計: 86点(120点満点中)

さらに、留学までの1ヶ月間、レアジョブ のオンライン英会話を受講していたのですが、その時のレベルがこちらです。

 

レベル10が最高なのですが、説明書きをみてみると、“ほぼネイティブレベルです。複雑かつ抽象的な話題であっても流暢に会話ができます。”とのことです。

 

【授業初日】英語力のなさを思い知らされる

アメリカ到着後、2週間のオリエンテーション期間は、バスケなどを通して留学生の友達を作り、楽しくやっていました。

しかし、授業が始まると、いくら留学生が多いコミカレといっても、周りはほぼアメリカ人です。

Sociology(社会学)のクラスで、いきなり「今日の自分を動物に例えなさい」というお題を出され、冷や汗をかきました。

まず周りの生徒が何を言っているのか全然わからないし、何で笑っているのかもわからない・・・。

なんとか隣の生徒に助けてもらい難を逃れました。

 

スポンサーリンク

圧倒的にリスニング力が足りてなかった

アメリカで3ヶ月過ごして思ったのは、リスニングが一番重要だということです。

リスニング力がないと、まず会話が成立しません

 

昔からリスニングがものすごく苦手だったんですよね。

ただ、フィリピンではある程度聞き取れていたし、まあ特に気にすることなくこっちにきたのですが、アメリカ人は話すのがすごく早いということに気づきました。

最初のほうは、まず宿題が何かわからないぐらい酷かったです。

日常会話でも、100回以上は平気で聞き返したと思います・・(笑)

 

一度、Crash Courseの動画の中から、自分の興味のある分野のものを観てみてください。

10分程度にまとめられているので、少し早口気味ですが、これが全くわからないレベルだと、きついかもしれません。

とにかく、留学生の方はリスニングを一番集中的にやるべきです!!

スピーキングは片言でも伝われば問題ないですが、リスニングはごまかしようがありません

英語で大学レベルの授業が受けられるYouTubeチャンネル”Crash Course”アメリカに来てから、約1ヶ月半経ちました。 授業はだんだんと分かるようになってきましたが、話すスピードが早い先生の授業では、内容が理解...

 

スピーキング力は、まあまあだった

さすがにフィリピンで1ヶ月英語のみで生活していたのと、その後1ヶ月の英会話の成果もあって、生活できる程度には話せました。

たまーに言葉が詰まったりしましたが、少し時間をかければ言いたいことはちゃんと言えました。

あと、発音を勉強していて本当によかったと思いました!

2ヶ月間毎日発音練習したおかげか、聞き返された回数はほぼ0です!!

 

留学までに少しでも時間がある方は、ほんとにこの方法を試して欲しいです。

【2ヶ月で発音マスター】おすすめ英語発音本2冊の具体的な使い方こんにちは、@tatsuyaです。 皆さんは英語の発音を勉強したことはありますか? 中学高校と学校の授業で英語を学びましたが、大半の...

 

リーディングとライティングについて

今学期は、取っている授業の関係上、どちらのスキルもあまり必要とされなかったので、困ったことはありませんでした。それに、この2つはもともと得意だったので。

そのぶん、自分で勉強しておこうと、「1ヶ月1冊の洋書を読む」、「英語で日記を書く」というルールを作って自分でやってます。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回わかったことは、思っていた以上に英語ができなかったということです。

TOEFLの必要点数を大幅に超えていても、英会話のレベルがネイティブ並みといわれても、絶対に油断してはいけません!!英語力は点数でそう簡単に測れるものではないからです。

留学を控えている人は、とにかくリスニングを鍛えておくといいです!

結論:TOEFL86点でもきついけどギリなんとかなる

TOEFLを終えても、日本にいるうちは気を抜かずに勉強を続けてください!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ABOUT ME
tatsuya
日本の大学を中退→アメリカのコミカレを中退→独学でスキルを身につけフリーランスWEBエンジニアとして活動中。自身の経験に基づいた英語学習法・海外旅行・デザインを中心に発信しています。