フィリピン

2度のフィリピン短期留学で気付いた英語力が伸びない人に共通する3つのこと

こんにちは、@tatsuyaです。

 これまでに2度のフィリピン短期留学を経験しましたが、その中で出会った「英語がなかなか伸びない人」に共通する特徴を自分なりにまとめてみました。

これから留学される方は、これらのことに気を付けて”意味のある留学”にしてくださいね!

 

共通点①最初から全部教えてもらうつもり

まず一番多いのは、英語をほぼ勉強してこず初めから全てを教わるつもりで留学する人です。

これが悪いとは言ってませんが、英語が伸びにくいことは間違いありません。

問題点1. 授業が理解できない

そもそも「英語が全くわからない状態で、英語を英語で教えてもらう」というのはものすごく効率が悪いです。当然ながら質問をするのも英語、返ってくる答えも英語です。

この時点で、最初からある程度英語ができないと全く授業が理解できないのです。結局先生が何を言っているのかよく分からなくて、適当な相づちで流してしまう生徒がたくさんいます。

「フィリピン人の先生は発音に訛りがあるから〜」とか言い訳している人がたまにいますが、先生をしている時点で聞き取れないほどひどい発音の人は100%おらず、全て自分の能力不足です。

 

問題点2. インプットだけで終わってしまう

英語は覚えるだけでは全く役に立たず、アウトプットを繰り返して初めて自分のものになります

中学高校と6年間も勉強しているのにも関わらず英語が全く話せない人はたくさんいますよね。これは話せるだけの知識は十分にあるのに、書いたり話したりするアウトプットが圧倒的に足りていないからです。

せっかくフィリピンという英語のアウトプットに最適な環境にいても、基礎である単語や文法を1から勉強するとなるとそればかりに時間を取られて結局日本にいてもできる事をやらないといけない羽目になります。そして留学の終わり頃にようやく少し喋れるようになってくるのです。

フィリピン留学をした生徒の体験談を見てみると、ほとんどが「もう少し日本にいた時に勉強しておけばよかった」と後悔しているのがわかると思います。これは典型的な「日本にいるうちに勉強してこなかったパターンの人」で、基礎の勉強に時間を取られてインプットだけで終わってしまっているのです。

 

改善策: 最低限自分で勉強しておく

こうならないためには、もう自分である程度勉強しておく以外ありません。

最低でも、単語・文法・発音・リスニングは勉強しておくのをおすすめします。

単語帳は、TOEICを勉強したいならTOEIC用、TOEFLならTOEFL用など、自分の目的に合わせて選んでください。

文法書は、どんな有名英語教師の本よりも「English Grammar in Use」をおすすめします!この本は僕がアメリカ留学を経験した今でも使っている本で、未だに学ぶことがたくさんあります。

 

発音は、「英語耳」で発音記号全ての発音の仕方をひと通り知っておくとかなり便利です。せっかくたくさん話す機会があるのにカタカナ英語だとほんとに勿体無い….。ちなみに基礎がないと聞いてるだけでは発音は100%良くならないです

created by Rinker
¥1,728
(2019/08/23 20:38:18時点 Amazon調べ-詳細)

リスニングは勉強という勉強はあまりしてこず、YouTubeHuluで動画やドラマ、洋画を見てたら自然と上達していきました。

これだけやっていれば、少なくとも現地でインプットのみに追われることはないでしょう。

スポンサーリンク

 

共通点②目標がはっきりしていない

勉強メインでフィリピン留学をするなら、はっきりとした目標を持っておくことがすごく重要です。

目標がないとモチベーションが保てなくなりダラダラしてしまうし、簡単に誘惑に負けてしまいます。

全く目標もなくフラフラしてる人と強い目標がある人とでは、まず勉強に対する意識も上達のスピードも全然違いました。

「TOEICで700点取る」「学校で1番になる」「英語への苦手意識をなくす」など、とにかくなんでもいいので目標を設定してください。

一番効果的なのは、目標を達成した先のことを想像することです。

僕の場合はアメリカ留学に行く前でTOEFL60点が必要だったので、ずっとアメリカの大学で勉強する事を思い浮かべながら死ぬ気で勉強しました。このおかげで、結果的にTOEFL86点という高得点を取ることができました。

スポンサーリンク

 

共通点③学んだ事を復習しない

フィリピンの語学学校は授業数が多いのが特徴で、勉強時間だけを見ればかなり長いです。そのため、長い授業の後には“たくさん勉強した気”になってしまいます

また、フィリピンは物価が安いためたくさん外食したり、友達とバーやクラブによく出かけたりする生徒がすごく多いです。

そのせいで、一番重要な復習を疎かにしてしまう人がたくさんいます

 

改善策1: クラスをドロップする

もしクラスの課題に追われて復習の時間が全く取れないのなら、クラスをドロップすることも有効です。勿体無い気もしますが、授業<復習という事を頭に入れておいてください。

いくら授業で新しい事を学んでも、復習なしでは一瞬で忘れてしまいます

僕もバギオの学校では毎日9コマの授業を取っていて、全てのクラスから宿題を出されていました。2時間の強制自習時間もありましたが、宿題で精一杯でなかなか復習をする時間は取れませんでした…。

[フィリピン留学]スパルタ校 PINES チャピスでの授業スケジュールこんにちは。 今年の夏に、フィリピンのバギオにある ”PINES International Academy チャピス校”で1ヶ月間...

そのため、2度目のセブ留学ではスパルタコースには入らず授業数も7つにしました。こうする事で復習の時間がたくさん取れ、1回目のバギオ留学の時よりも結果的にたくさんのことを学べました。

 

改善策2: スパルタコースに入る

逆に復習の時間はあるがついつい集中できず遊んでしまうという方は、スパルタコースに入るといいです。

学校によって違いますが、基本的にはスパルタコースに入ると平日の外出を制限されたり、強制自習時間を設けられます。嫌でも勉強しなければいけない環境に置かれるので、自分に甘い人にとってはかなり有効です。

スポンサーリンク

 

まとめ

フィリピン留学で英語力を伸ばすためには、

  1. 事前に勉強しておく
  2. 目標を決める
  3. 復習をしっかりする

この3つがすごく重要です!

留学が終わってから「あまり効果がなかった」と後悔する人がとても多いので、この記事を見て少しでもそういう人が減ったらいいなと思い書きました。

これからフィリピン留学に行かれる方は、ぜひこれらのことに気をつけて留学を最大限に役立ててください!

最後まで読んでくださりありがとうございました!質問等あればSNSかコメントからよろしくお願いします。

ABOUT ME
tatsuya
日本の大学を中退→アメリカのコミカレを中退→独学でスキルを身につけフリーランスWEBエンジニアとして活動中。自身の経験に基づいた英語学習法・海外旅行・デザインを中心に発信しています。