Web制作

【1クリックでキャッシュ削除】Chromeの拡張機能「Clear Cache」の追加方法と使い方

こんにちは、@tatsuyaです。

  • CSSを変更したのに反映されない
  • JSが効かない
  • 画像を変更したのに同じままになっている

Webサイト制作やブログをしている人なら、一度はこんな経験があるかと思います。

これらは大体ウェブページの情報を保管しておく機能「キャッシュ」を削除することで解決するのですが、Chromeだとなかなか手順が面倒くさいですよね。

 

そこで今回の記事では、1クリックでキャッシュを削除できるChrome拡張機能「Clear Cache」を紹介します!

これをインストールすると、ブラウザの右上にボタンが表示され1クリックでキャッシュ消去できるようになります。

 

Clear Cacheのインストール方法

まずはChrome ウェブストアのClear Cacheのページに移動します。

右上の「Chromeに追加」ボタンを押し、「拡張機能を追加」に進みます。

 

 

するとClear Cacheの設定画面が出てくるかと思います。

 

それと同時に、画面右上にこのようなマークが表示されているはず。(↓赤枠部分)

 

これで拡張機能の追加は完了です!カンタンですね。

次は設定について見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

Clear Cacheの設定

Clear Cacheで設定できる項目は3つあります。

Clear Cacheの設定項目1. Reload

まずはキャッシュ削除とともにリロードするかどうかの設定です。

チェックを入れると、キャッシュ消去+現在見ているサイトのリロードを同時に行ってくれます。

 

Clear Cacheの設定項目2. Data to Remove

キャッシュの他に、Cookieやパスワードなどの削除も可能です。

デフォルトではキャッシュのみになってますが、好みに合わせて使ってください。

基本的にはキャッシュのみでOKです。

 

Clear Cacheの設定項目3. Time Period

ここではいつまでのデータを削除するかの設定ができます。

  • 1時間前までのデータを削除
  • 1日前までのデータを削除
  • 1週間前までのデータを削除
  • 1ヶ月前までのデータを削除
  • 全期間のデータを削除

これらから選ぶことができます。

こちらもデフォルトのままで問題ないですが、カスタマイズできるということを知っておきましょう。

 

設定画面へは右上のClear Cacheボタンを右クリック→「オプション」からいけますので、用途に合わせて変更してみてください。

 

【1クリック】Clear Cacheでキャッシュを削除する方法

使い方は特に説明することはなくて、画面右上のボタンをクリックするだけ。

黄緑色に光るので、それが消えるとキャッシュ削除完了です。

設定1にチェックを入れていない方は、自身でリロードするのを忘れないでくださいね。

スポンサーリンク

 

まとめ:便利なChrome拡張機能「Clear Cache」を使いましょう

これで1クリックでキャッシュ削除できるようになりました。

キャッシュクリアはサイト制作で特によく使うので、かなりの時間短縮になります。

追加方法・使い方ともに驚くほどカンタンですので、ぜひ使ってみてください。

ABOUT ME
tatsuya
日本の大学を中退→アメリカのコミカレを中退→独学でスキルを身につけフリーランスWEBエンジニアとして活動中。自身の経験に基づいた英語学習法・海外旅行・デザインを中心に発信しています。