Green River College

アメリカに来て最初の学期で取っている授業

授業が始まってから、約1ヶ月が経ちました。

だんだん授業にも慣れてきたので、コミカレでの最初の学期で取っている授業について書きます。

ワシントン州のほとんどのコミュニティカレッジは、クォーター制(4学期制を採用しており、ここグリーンリバーカレッジもそうなので、あと2ヶ月ほどで終わってしまいます。

今学期は最初の学期ということで、極力グループワークがなく、また専攻が決まっていないので、どの専攻にも進めるように授業を取りました。

それと、単位数を最低の12だけにし、とにかくアメリカの大学に慣れるため、簡単なものと自分が得意なものだけにしました。

数学

自分のたくさんある専攻候補のうち、ほとんどが数学が必要だったので取りました。

高校の時文系コースだったし、3年ほど数学をしていなかったので、プレースメントテストはボロボロでした、、、。

なので、高校数学から始めています。

たまーにグループワークがあるぐらいで、あとはほぼ日本と同じような授業です。

他のコミカレではどうなのか知りませんが、プレースメントテストでいい点数を取ると、一番高いレベルの数学から始めることができるので、数学を勉強しておくといいと思います。

理系の人は、おそらくほぼ全員が最高レベルから始めているので、そんなに難しくないと思います。

音楽理論1

ギターをやっているので、役に立ちそうだなーと思い取りました。

しかも、このクラスはちゃんと編入に必要な単位として扱われます!

音楽理論1〜5までありますが、上のレベルを取るにはまずは下から取っていかないといけません。

僕が取っているのは1なので、授業内容は、音符、スケール、調号、リズムなど、音楽の基本的なことを学びます。

今まで独学でギターを弾いていたので、音楽理論の知識が全くないのと、英語での説明なので、思った以上に難しいです。

周りの生徒はピアノ経験者が多く、すでに知識がある人ばかりなので、グループワークで助けてもらいながらなんとかついていけています。

イヤートレーニング1

音楽理論の授業とセットになっています。

主にインターバル、和音、リズムなどを勉強します。

最近の授業は、音を2つ鳴らして、何度離れているかを当てたり、コードを聴いて、コードの名前を当てたりなどをしています。

これに関しては、ギターで耳コピをやってきた甲斐もあって、順調についていけています。

授業の後半は、Auraliaというパソコンのソフトを使って、音感を鍛えます。

このクラスが今の所一番楽しいです。

 

スポンサーリンク

International Students College Experience

このクラスは、グリーンリバーの留学生が最初の学期で絶対に取らなければいけないクラスです。

主にディスカッション、学校についてのクイズ、教授への正しいメールの書き方など、新入生が大学生活に慣れるための授業です。

GPAには入りませんが、点数が悪すぎると次の学期でもう一度取らなければいけないので、一応ちゃんと受けています。

 

Foundation For Success

これも上と同じで、留学生の新入生用のクラスです。

このクラスでは、ピュアメンターと呼ばれる、グリーンリバーに在学中の先輩1人と、クラスメイト数人とでグループを組み、学校生活に慣れるためにいろんなことをします。

これまでは、キャンパスをメンバーで回ったり、実際にレストランへ行きチップの払い方、バスの乗り方などについて学びました。

終わりに

こんな感じで、とりあえず今学期は英語に慣れることに専念しようと思っています。

いきなりディスカッションのクラスを取っても、発言できないまま終わりそうな気がしていたし、そうなると編入に必要なGPAを下げてしまうことになります。

最初の1週間目に試しに取っていた社会学、英語のクラスは1回いってすぐ消しました(笑)

今取っているクラスはすべてついていけているので、来学期からは、もう少し難しそうな授業にチャレンジしようと思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

ABOUT ME
tatsuya
日本の大学を中退→アメリカのコミカレを中退→独学でスキルを身につけフリーランスWEBエンジニアとして活動中。自身の経験に基づいた英語学習法・海外旅行・デザインを中心に発信しています。